部分入れ歯とブリッジの違いを知ろう

部分入れ歯は、歯のないところ(欠損歯)部分に人工の歯と人工歯肉のついたものを置き、健康な自分の歯に金具をひっかけて固定するものです。
取り外しができます。
これに対しブリッジは欠損歯部分にダミーの人工歯を置き、欠損歯をはさむ前後の歯(支台歯)に冠をかぶせたような形になるものを装着します。
支台歯に被せるものとダミー部分が一連の装置になっていて、それを歯科用の特殊な接着剤で装着します。
取り外しはできません。
部分入れ歯もブリッジもどちらも保険適用となりますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

まず、部分入れ歯のメリットは、欠損歯が連続していなくてもいいという点です。
ブリッジは支台歯の関係でところどころ歯がないというケースでは、適応になりません。
また、部分入れ歯であれば1つの装置で済むものが、ブリッジだと2装置つくることになり、お金がかかってしまうことも考えられます。
次にデメリットとしては、取り外しのできるものなので、毎日、寝る前に入れ歯洗浄剤につけておき、衛生を保つようメンテナンスが必要になることです。
逆を言えば、ブリッジの場合、取り外しはありませんから、こういう部分はブリッジのメリットかもしれません。

もう1点、ブリッジのデメリットとして、支台歯の問題があります。
支台歯が健康な歯である場合は削らなくていい歯を削ることになります。
これはかえって歯を傷めてしまう原因にもなります。
また、支台歯が以前、治療したことのある歯の場合、冠をかぶせることには抵抗はありませんが、噛むときにかかる負担を考えるとそれが最善とはいえないでしょう。

実は部分入れ歯にしても、入れ歯を支えるために金具をひっかける歯に負担がかかることには違いないです。
近年、この部分入れ歯の問題とブリッジの問題を解決できる入れ歯が生まれています。
ノンクラスプデンチャーというものです。
ひっかけ金具の必要がない入れ歯です。
審美性にも優れ、違和感もありません。
しくみは、特殊樹脂でできた人工の歯茎部分に固定されるためのひっかけがあります。
金具と違い、歯が締めつけられるような違和感もありません。
それでいてしっかり固定されるので咀嚼機能にも問題がありません。

ただ、このノンクラスプデンチャーは保険適用ではないため、1装置で10万円近い費用がかかります。
取り外しができる入れ歯なので、毎日のメンテナンスが必要です。

安価であれば、家計としては助かるのかもしれませんが、健康な歯へも意識を向け、自分にあったものを選ぶべきです。
一般的なメリット、デメリットについて触れましたが、その人その人の歯の状況で若干の違いがあります。
まずは必要になった際、歯科医師にそれぞれのメリット、デメリットを確認することをお勧めします。