セルフケアには限界がある!歯医者へ必ず行くべき!

虫歯と歯周病はよく知られている歯科疾患の代表で、ともに悪化すると抜歯の必要が生じるなど日本人が歯を失う原因のトップにあがっています。
特に歯周病については初期の軽い歯肉炎の頃にはほとんど自覚症状がないのが特徴です。
気づかないうちに重症化してしまい、歯肉炎の悪化や出血、歯のぐらつきなどで受診する時には抜歯が必要なほどに悪化しているケースも多くサイレントキラーと言われています。
重症化した歯周病は糖尿病などの全身疾患との関係も深く、要注意です。

虫歯と歯周病は、いずれも口の中の細菌に感染することが原因で起こります。
感染症の一種なので、細菌対策をすることが予防のポイントです。

虫歯や歯周病を引き起こす細菌は、食事で口の中に入ってくる糖分などを栄養源に使い増殖します。
増殖した細菌がコロニーを作って塊になったものがプラークです。
プラークの中には細菌がたくさん棲息していますから、口の中、歯の表面にプラークを溜めないようにする必要があります。

プラークを取り除く基本は、毎日の歯磨きです。
歯ブラシなどを使ったプラークコントロールはセルフケアの中心になりますが、虫歯や歯周病の予防効果を高めるためにはセルフケアだけでは不十分で歯医者さんで専門的なケアを受ける必要があります。
というのは、どんなに丁寧に磨いても口の中からプラークを100パーセント取り除くことは難しく、どうしても磨き残しができてしまうからです。
毎日のセルフケアで磨き残したプラークは、時間が経つと唾液中のカルシウム分などと結着して歯石になります。
歯石になってしまうと、セルフケアの歯磨きで取り除くことは困難です。

歯医者さんに定期的に行くと、歯や歯茎の状態のチェックの後に専門的なクリーニングが受けられます。
歯医者さんのクリーニングはPMTCといって、専用のブラシや超音波、ジェット水流などの専門器具を使って普段のセルフケアの磨き残しのプラークや歯石をきれいに取り除くことができるクリーニングです。
磨き残しのプラークや、歯石の中には虫歯や歯周病の原因になる細菌が多数生息しています。
定期的に歯医者さんに行ってPMTCを受けることで、口の中の虫歯や歯周病の原因細菌の数を少しずつ減らし虫歯や歯周病のリスクを下げることが可能です。

定期的に歯医者さんに行くメリットは他にもあります。
歯医者さんでは、クリーニングとともに歯磨き指導を行うのが一般的です。
歯の形や歯並びなどは一人一人違うので、適した磨き方も違ってきます。
歯医者さんに行くと、クリーニング前の汚れの付着状況からその人の歯磨きの癖や磨き残ししやすい箇所を確認し、適した磨き方の指導が受けられます。
歯ブラシの他デンタルフロスや歯間ブラシといった補助具の選び方や使い方も教えてもらえるので、セルフケアのグレードアップが可能です。