インプラントの手術後に出血や違和感がでることもある

虫歯 インプラント治療は、虫歯や歯周病などによって歯が抜け落ちる、事故によって失ってしまったというような場合に、有効な治療法といえます。
歯茎に人工の歯根を埋め込むことで、噛み合わせを改善することもできますし、自然な見た目を取り戻すことができます。
ただ、インプラント手術後には、出血や違和感、痛み、炎症、腫れなどの症状がでることがありますから、事前に十分理解しておくことが大切です。

インプラント手術後に、切開した傷口は、糸で縫合されていますが、何かのきっかけで傷口が開いてしまうと、雑菌が入ってしまい感染症にかかってしまう可能性があります。
そのため、しばらくは傷口を開かせないように注意する必要があります。
インプラントの手術後数日は、なるべく噛まずに食べられるヨーグルトや豆腐、おかゆなどの柔らかいものを食べ、手術した部分とは反対の歯で食べるようにすることが大切です。
また、痛みや出血、腫れの原因にもなってしまいますから、熱いものや硬いもの、辛いもの、アルコールなどの摂取は控えましょう。

そのほかにも、手術直後というのは、感染症のリスクも高くなってしまいますから、指や舌で傷口をさわらないようにすることが大切です。
口内の傷口が気になって舌などでさわってしまいますが、雑菌が入ると炎症や感染症のリスクが高くなってしまいます。
また、歯ブラシも間違って傷口を刺激してしまうことがありますから、毎食後うがい液を使用して、口内の衛生を保つことが大切です。
日常生活の中での注意点としては、手術後2~3日は激しい運動を控えシャワーですませるようにして、安静に過ごすことが大切です。
また、湯船につかると血行が促進されてしまい、出血してしまう可能性が高くなってしまいますから、シャワーですませるようにすることも大切です。
また、毛細血管を収縮させてしまう喫煙は、血行を悪化させてしまい、インプラントと骨の結合を阻害してしまったり、傷の治りを遅らせてしまいますから、禁煙を行うことも重要です。
このように、数日間は多少の不便さを感じてしまいますが、その後は食事も元通り楽しむことができますし、美しい歯並びや噛み合わせによって見た目の印象もよくすることができますから、効果的な治療法といえます。
これからインプラント治療を検討している場合には、メリットやデメリット、リスクをきちんと理解し、信頼できる医師を選ぶようにすると良いでしょう。