インプラントという言葉をよく耳にするようになりました。
歯を失ったときの治療として、将来行うことを計画している人も多いです。
けれども、実際にどのような治療を行うのかということを知っている人は少数です。

インプラントは、歯を失った部分の骨にチタンを埋め込み、その上にかぶせ物をするという治療です。
流れとしては、初診で受診したらすぐに治療に入るわけではなく、事前の検査が行われます。
レントゲンで骨の状態を確認し、最近ではCT診断を採用しているところも増えています。
CT診断は、三次元的に状態を確認するために使われるもので、正確な状態を知る手掛かりになります。
歯周病などの病気がある場合は、先にそちらの治療を優先することもあります。

インプラントが受けれない場合がある

ストップをかける医師 検査の結果によっては、インプラント治療が受けられないこともあります。
骨が少なすぎるというような場合は、治療が受けられないので、骨を増やす治療をする人もいます。
この検査で、治療ができるという診断がでた場合は、どのようなインプラント治療を行うのかという計画を立てていきます。

インプラントには手術が伴う

手術する医師 インプラントのチタンを骨に埋め込むのには、手術が必要になります。
手術の日程を決め、予約した上で手術に入ります。
手術では、麻酔をしてからチタンを埋め込んでいくので、痛みを感じることはありません。
麻酔が切れてからも、痛み止めが出されるので、それほど痛みに苦労するということはありません

この手術を終えた後は、しばらく骨とチタンが結合するのを待ちます。
数カ月たって、結合してから次の治療に入ります。
チタンの上にアバットメントと呼ばれる装置を装着します。
アバットメントは、チタンとかぶせ物をつなげる役割をしますが、角度などお口の状態に合わせて選ばれます。
その後、型取りをして、かぶせ物を作っていきます。

インプラントの治療期間

歯医者のレントゲン インプラントの治療期間は平均で、初診からかぶせ物をするまで10ヶ月かかります。
決して短い治療期間ではありませんが、検査、手術、骨との結合とすべて必要な流れです。
骨の状態が良ければ、より短い治療期間で終えることもできますが、安易に短縮してしまうと、骨とチタンが結合しないままかぶせ物をして、失敗してしまうということもあります。

患者さんは、なかなか治療が終わらないことに焦りを感じてしまうかもしれませんが、安全に治療を進めるために、必要な期間だと思いましょう。
失敗して初めからやり直すと、さらに時間がかかってしまうので、ゆっくりと進めていきましょう

インプラント治療を受ける際の歯医者選びは重要

●おすすめの歯医者●
インプラント治療する歯医者選びに迷ったらとりあえず下記を参照してください。
インプラント治療を埼玉県さいたま市で行うことをおすすめします。
埼玉には親切丁寧で腕の良い歯医者が多くいます。

---------------------------------------

インプラントを扱っている歯医者の数は限られてきます。
いつも行っている歯医者では、インプラントを扱っていないということも珍しくありません。

インプラントの治療は保険適用がないために、全額自費扱いになります。
保険適用の治療であれば、かかった治療費のうちの3割の負担だけで済みますが、保険適用がない場合はかかった費用をすべて自己負担するということです。
おまけに、保険治療の費用は国によって決められているので、どこの歯医者で受けても同じ内容であれば同じ費用になります。
保険外治療の場合は、国による決まりがないので、歯医者が独自に料金を設定することができます。

患者さんとしては、できるだけ安い価格でインプラントを受けたいと考えるでしょう。
確かに、保険外のインプラントは1本あたり30~35万円という費用が平均でかかるため、決して安いとは言えません。
安いところで受けたいという気持ちは分かるのですが、インプラントというのは、材料費や器具などにお金がかかります。
たくさん仕入れることで、金額を下げるという歯医者もありますが、限界があります。

さらに、インプラントは手術が必要なデリケートな治療です。
きちんと消毒や滅菌を行い、治療時に感染しないように万全の体勢をとらなければいけません。
器具の費用に加えて、滅菌や消毒の費用も加算されているために、ある一定の費用になり、それが平均値となります。

インプラント治療は慎重に

もちろん、高い料金設定だから安心だと安易に言うことはできません。
けれども、極端に安い歯医者は注意が必要です。
インプラントはお金だけでなく、治療期間も長くかかります。
安心して通える歯医者を見つけることが、治療を進める上で大切なことになります。
質問したときに、すぐに答えてくれる歯医者や、説明が分かりやすいということはとても重要です。
知りたいことをそのままにしていると、不安になってしまうからです。

安心して任せられるという歯医者を見つけてから治療に入るようにしましょう。
何軒か歯医者を回って、自分に合う先生を探してもいいです。
その際に、自分の状態を良く説明してくれて、状態に合った治療を提案してくれるところは、患者さんのことを考えてくれている可能性が高いです。
かかる費用についてばかり説明する歯医者より、信頼できる歯医者を選ぶようにしましょう。
先生だけでなく、スタッフの対応や院内の清掃が行き届いているかという点まで考えると安心です。